中学受験理解してますか?

塾選びの前に、中学受験を実施する学校とはどのような学校なのか理解を深めておきましょう。まず、中学受験実施校で多くのお子さんが志しているのが、私立中学です。御三家、超難関校などかなりレベルの高い学校があり、その多くが人気校です。有名大学への進学率が高く、独自の教育方針で公立中学にはない教育を進めていく事で保護者から絶大な人気を誇っています。

次に、公立の中高一貫教育校です。私立中学の場合、多くが4科目の学力テストとなりますが、公立の中高一貫教育校は科目にこだわらず総合的な問題を出題する適性検査という入試を行っています。私立中学の受験も公立の中高一貫教育校の適性試験も、独自の出題傾向を持っているため、大手進学塾など中学受験に特化した指導を受ける事が必須といわれるのです。

公立中学のように国の教育指導方針に沿ってカリキュラムを組まないため、先取り教育が行われる学校が多く、公立中学と比較すると学習スピードがかなり速く、もし高校にエスカレーター式で進学せず高校受験をするとしても、中学3年時には中学の課程を修了している学校が多いため、受験勉強に専念できるなど非常に多くのメリットがあります。

難易度は各学校によって違いがありますが、「中学受験用の学習」が必要となる事は必須で、その為、塾選びが合格への大きなポイントとなるのです。