入学してからも塾が必要

中学受験を目指す多くのお子さんが進学塾など塾に通います。なぜ塾に通うかというと、中学受験に出題される各科目の問題が非常に難しく、小学校の授業内では到底習う事のない内容だからです。超難関中学ともなると、高校で解くような問題が出てきます。小学校課程で習う事を元に解くことが必要になるため、とても難解でこうした問題について指導が必要となるため、進学塾などに通います。

また塾はここで終わりではなく中学入学後も、日々の学習に合わせて利用しているご家庭がほとんどです。高校受験をされるお子さんも、授業の予習復習に利用されるお子さんも、多くが進学塾に通っています。

私立中学は先取り教育を行っているため、学習スピードが非常に速く、また宿題も多数出されます。受験において一定の学力レベル以上のお子さんが集まっているため、公立中学のように単元に時間をかけません。難関中学になると予習は当たり前で、前の日に教科書に目を通しどのような事を学ぶのか理解していることを前提に授業が進められます。そのため、ついていくために補習塾が必要となるお子さんも多いです。

塾は中学受験を目指すという意味でも必要となりますし、中学受験実施校に入学してからも通う事が必須となるのです。