中学受験に塾は必須なのか

中学受験といえば塾がつきものです。なぜつきものなのかというと、塾に行かないと中学受験の特殊で難解な問題になれる事、ついていく事ができないからです。ただ絶対に必要かというとそういったこともありません。中には通信教育のテキストなどを利用して自宅学習に精をだし難関中学合格をもぎ取ったという強者もいます。でもこれは本当に稀なことで、一般的に中学受験を志すお子さんの多くが、塾に通っているという現実があります。

塾では入試から逆算して指導プログラムが組まれています。だからこそ少なくとも小学校5年生になったら塾に通う方がいいといわれるのです。進学塾では中学受験実施校の出題傾向をつかむ情報網を持っているため、カリキュラムも出題稽古に合わせて組まれています。進学塾に行くことで、中学受験に特化した指導を受ける事ができるのは間違いないのです。

ただ保護者が考えなくてはいけないことがあります。それは、お子さんの学力、それに性格です。進学塾の中でも超難関中学の合格実績が高い塾では、指導スピードも速く宿題もかなり出されます。ついていく事ができないお子さんももちろんいますし、集団指導の中萎縮し、成績を落としてしまうお子さんもいます。

この塾が有名だから、志望校に行っている先輩の多くがこの塾に行っていたから、という理由ではなく、お子さんを見つめ、お子さんを理解した上でどの塾にするか選択すべきなのです。