最も多い集団型指導塾

進学塾の中で中学受験を目指すお子さんが通う塾というと最も多いのが集団型指導の塾でしょう。学校と同じように30人、40人という生徒に講師一人が対応し授業を進めるという形態です。高校受験、大学受験などの集団指導型の進学塾では全国区の人気講師も多く、最近は衛星放送やインターネット中継などを利用し、全国各地、どこにいても講義を聴く事ができるなどサービスも広がりを見せています。

集団型指導塾の特徴としては、中学受験に沿った指導があり、私立中学など難関校へ合格するためのノウハウが整っているという点です。しかも廻りには同じ学校、若しくは同じレベルの学校を受験するライバルがたくさんいて、常に競争し合いながら学習できるという環境です。負けん気の強いお子さんならぐんぐん成績を伸ばしていきます。

また大手進学塾では各中学の出題傾向をいち早くつかむなど、情報の収集能力に優れているという事も大きな魅力とされています。しかし、集団型であるだけに生徒一人一人に目が届きにくい、消極的なお子さんは質問などできず落ちこぼれていく可能性もある、宿題が多くて常に勉強に追われる生活になるなど、「デメリットもある」「合わないお子さんも多い」という事を理解しておかなければなりません。