個別指導塾で基礎学力向上

中学受験に特化した指導を行う塾として知られているのが進学塾ですが、ほとんどが集団指導です。最近は進学塾の中にも個別指導を行うクラスが登場していますが、一般的に中学受験のために利用するとなると、集団指導でしょう。

進学塾では入塾テストがあり、その結果でクラス分けが行われます。しかし、クラス分けで学力にあったクラスになったとしても塾の学習スピードについていく事ができなかったり、もともとの基礎学力が低いため、授業の内容がわからないなどお子さんによっては非常に苦労する事もあります。

保護者はまずお子さんの基礎学力がどの程度あるのかを把握する事が大切です。小学校6年生という段階になってから基礎学力の向上というのはなかなか難しいので、出来る限り早い段階で基礎学力を上げるために個別指導塾など、一人一人に細かい学習指導ができる塾を選びお子さんの基礎学力を少しでもあげていきましょう。

基礎ができていないと進学塾で指導を受けても指導内容がわからないため、結局塾に行っても成績が伸びません。進学塾に行くための塾ともいわれることがありますが、中学受験は段階をしっかり踏んで応用問題など中学受験の難しい問題をクリアしていく事が重要なのです。個別指導などをうまく利用し、中学受験合格に少しでも近い位置に行けるよう努力しましょう。