塾プラス家庭教師という考え方

中学受験を目指して進学塾に通っているけれど、科目によっては伸びが見られないものもあり、小学校低学年の頃から、この科目については基礎学力が低かったという場合、進学塾だけではなく家庭教師などを依頼する事も考えておくべきです。

小学生という年代の受験です。苦手科目、できない科目よりも好きな科目をさくさく解く方が面白いし持続する、これも当然でしょう。高校生になっても嫌いな科目は勉強しようという気になかなかならないものです。ですが勉強しなければ塾についていく事もできませんしますますわからないことが多くなり、中学受験に適した学力とならない可能性が出てきます。こういう時には塾のフォローとして家庭教師を利用する事も考慮しなければなりません。

家庭教師には学生アルバイトもいますし、プロ家庭教師もいます。どちらがいいとは言えないのですが、学生アルバイトなら有名大学在学でありなおかつ中学受験経験者が望まれます。プロ講師はネームバリューがあっても実際に指導力があるかどうかわからないという事もあるので、実績などを確認する事が必須でしょう。

いずれにしても、お子さんと1対1の指導という事になりますので、お子さんの性格、学力を把握しその上で指導カリキュラムを組み、苦手科目克服、また塾の指導についていけるような学力の向上ができる家庭教師を選択しましょう。