予習は当然、復習は絶対

進学塾での目的は何か、毎日勉強に追われていると見失いがちになりますが、志望校に合格するという事が大きな目的となるはずです。進学塾はそのための協力者と考え、しっかり利用していく事が大切です。

進学塾に入ったばかりのお子さんは、その学習スピードの速さにびっくりします。学力がある程度ついているお子さんは、その中でもだんだんと慣れていくものですが、基礎学力がクラスのお子さんよりも落ちるお子さんは、なかなか慣れる事ができません。特に小学校5年生からのクラスではかなりスピードアップするため、マイペースなお子さんや学力が塾に通うお子さんたちより少し下かな?と思うお子さんは、小学校4年生から進学塾に通い始める方がいいでしょう。

進学塾では予習ありきで授業が進みます。次の塾で勉強する単元がわかっていますので、塾の前にどういう事を習うのか予習しておくことがほとんどの塾で必須とされています。塾の前に予習する前向きな気持ちをしっかり持っていないと、塾の学習スピードについていく事がなかなか難しいのです。

塾では予習は当然の事、塾で習ったことの復習は絶対すべきことと考えています。塾に行き始めたばかりのお子さんは、まず、予習復習のリズムを付けていく事から始めるといいでしょう。