週ごとのテストについて

多くの塾では週ごとのテスト、月ごとのテスト、定期的に行われる学力テスト、さらに模試があります。塾に通うお子さんたちは毎週テストがあるので常に勉強に追われているイメージがありますが、週ごとにテストを行うのは意味があります。

週ごとのテストは塾によって土日テストとか復習テスト、またデイリーチェックなどと呼ばれています。いわゆるカリキュラムテスト、単元ごとのテストです。これらの呼び方こそ塾によってバラバラですが、週ごとに行う単元ごとのテストはどこの塾でも行われているテストです。

その週に習った単元についてのテストなので範囲が狭く点数を取るのが楽というお子さんもいますが、このテストの内容をしっかり把握できるかどうかで、実力テスト、模試の結果が違ってきます。ただ何となく週ごとのテストをこなしていくという事ではなく、間違いをしっかり修正し、そのテストでできない問題がないようにしておくことで、範囲の広い模試に結び付けていきます。

カリキュラムテストの結果で一喜一憂するのではなく、ここで躓く問題はここで制覇しておくこと、理解しておくこと、早く解けるようにしておくことが重要なのです。範囲が広い模試や学力テストになると途端に点数が落ちるというのでは困ります。カリキュラムテストをただ受けるのではなく、内容を自分のものにしてこそ、模試などの結果に結びついてくるのです。