公開テストで結果を伸ばす

中学受験を目指すお子さんたちの多くが通う進学塾では、一般的に、授業を行い、その中に指導した単元の週テスト「カリキュラムテスト」を行い、さらに月ごとに月例テスト「公開テスト」を行います。呼び名は週テストが土日テスト、単元テスト、カリキュラムテストなどと呼ばれ、月ごとのテストは月例テスト、公開テスト、組み分けテストなどとも呼ばれています。

流れとしては授業、カリキュラムテスト、公開テストという感じになりますが、いずれも積み重ねです。授業を真剣に聞きその単元で知識とすべきことを徹底的に日々の復習で自分のものとする、その単元で習ったことが自分のものとなったのか確認するのがカリキュラムテストです。間違った問題はしっかり見直し、なにが悪かったのか、どこで間違ったのか再度取り組みます。

この積み重ねを行って公開テストに挑みます。公開テストはクラス分けの指針となる重要なテストでもあり、範囲がカリキュラムテストよりも広くなるので、点数をあげるのが難しいテストです。でも週ごとの取り組みをつみ重ねていけば点数をあげることも可能のはずです。

カリキュラムテスト、公開テストの先には志望校決定の要素ともなる模試があります。模試はさらに範囲が広くなるため、積み重ねの学習がいかに大切か理解できるでしょう。