学校と塾の関係

中学受験を目指しレベルの高い勉強をしていると、学校の勉強がつまらなくなって授業態度が不真面目になったり、ともすると勝手に塾の宿題を隠れて行うようになったり、子供というのは正直すぎて、保護者がびっくりするようなことをするものです。子供も中学受験が近くなると、学校の授業なんてやっている暇はない!なんて考える位、追い込まれていることもあります。でも学校では学校の授業をしっかり聞き、復習として活かすつもりで勉強に励んでほしいものです。

学校の授業が不真面目、もうさんざん塾でやったことで、その先の教育を受けているのですから、授業が面倒になったり、受ける価値がない、時間がもったいない思う気持ちもわかります。でも、通知書のコピー提出が義務付けられている私立中学なら、授業を真面目に受けないという点に目が留まる事でしょう。

以前は小学校の担任や校長が書く調査書というものを見て、そのお子さんがどういう子なのかを判断していましたが、今は提出を求められる学校のほとんどが通知書のコピーでよしとしています。調査書は先生が中学受験を思い良いイメージで書いてくれるかもしれませんが、通知書にはその学期に目についた点、頑張った点などがかかれているはずです。授業をしっかり受ける事ができない状態は、中学受験実施校から見てほしいと思う子に入りません。