低学年時の塾の利用

大手進学塾には小学校低学年クラスが登場しています。低学年から中学受験に向けた勉強を行っていき、高い基礎学力を付けようということで進学塾に低学年で通わせているご家庭も少なくありません。中学受験が近くなってから中学受験を考えるのではなく、その前の段階でしっかり頑張っておけば、お子さんへの負担も少ないだろうという保護者の配慮もあります。

低学年時は基礎学力をしっかり付ける時期です。小学校の授業で習う科目について、低学年時から先取り教育を行い、学校の授業よりも一歩先行く指導を行っているため、低学年で塾に通う多くのお子さんが、学校の授業は復習のように繰り返し学習に活かしています。

塾で学校の授業よりも先に進んだ授業を受ける、塾の宿題を通して指導された内容を自分のものとする、学校の授業では以前指導された内容の授業を行っているので、もう一度その単元の繰り返し学習ができるという具合です。

繰り返し学習、家で宿題を行う事、その他自学についてもしっかり取り組むこと、小学校低学年時は、勉強することが自然になるように、繰り返し教育を身に着けさせ、中学受験年代になってから困る事のないような基礎を学ぶ重要な時期なのです。低学年だからと余裕を持つことなく、メリハリある生活を送っていことが大切です。