お子さんを見守る強さを身に着けよう

小学生から受験という試練に立ち向かう中学受験では、高校、大学受験とは違い保護者のサポートが必ず必要となります。ただ、サポートするという事と、過保護にするという事を食い違えている保護者が多いのも事実です。

塾を決める時には見学もしますし、体験授業も行います。体験授業で塾に入る事を決めた後も、お子さんを心配し見学に来る保護者もいます。塾に行く時間に余裕があるのに、学校まで迎えに来て塾まで送り届けるという保護者もいます。学校の勉強よりも塾を優先し、疲労するからと学校行事を疎ましく思ったり、お子さんの友達選択まで口を出す保護者もいます。

何かしてあげたいという気持ちはよくわかります。目の前で小学校という幼い年代のお子さんが勉強を頑張っているのですから。しかし、手を出すことは簡単、親の気持ちの押しつけです。そうではなく、見守る時にはしっかり見守り手を出さない、自分で出来ることは極力やらせて、サポートが必要なときに手を出せる親でいてほしいのです。

経済的な面、塾のお迎え、お弁当作り、受験の準備など、お子さんを過保護にかまっているよりももっとたくさんの仕事が保護者にはあるはずです。お子さんを見守るという我慢、強さを身に着けることも受験準備に必要な事です。